あらすじ

【あらすじ】奴隷娘【感想・解釈あり】バジーレ:ペンタメローネ

画像01

『奴隷娘』(The Young Slave)は、AT709に分類される白雪姫の類話です。

スポンサーリンク

『奴隷娘』(The Young Slave)あらすじ

画像01

1/9
リッラは、同じ年頃の友達と遊んでいた。

バラの植木をさわらずに、飛び越えることができたら、ごほうびをもらうという遊びだった。

みんなカエルみたいに跳んでいたが、誰も成功できなかった。

リッラが、勢いよくジャンプして、植木を飛び越えた瞬間、バラの花びらが一枚散った。

リッラは、誰にも見られないように、素早くひろってそれを食べた。

それで、リッラはごほうびをもらった。

 

2/9
突然、リッラは妊娠した。

後ろめたいことは何もしていないのにと、死ぬほど嘆いた。

親しい妖精に相談すると、

「心配するな、飲み込んだバラのせいよ」

と教えてくれた。

リッラは、おなかが大きいのをさとられないようにして、ひっそりと女の子を産んだ。

娘には、リーザと名づけた。

リッラは、娘を妖精たちに会わせると、みんな贈り物をくれた。

だが、最後にかけつけた妖精が、すべって転んだときの足の痛さのために、呪いの言葉を吐いた。

「この子が7歳になったら、母親が髪の毛に刺したくしによって、死んでしまうだろう」

妖精は、そのように予言した。

 

3/9
7年後、その通りになった。

リッラは、娘のなきがらを七重の入れ子にしたガラスの箱におさめた。

そして、屋敷の端っこの部屋に置いて、鍵は自分で持っていた。

しかし、娘を亡くした大きな悲しみは、リッラを死へと追い詰めた。

リッラは死ぬ間際、兄の男爵を呼んだ。

「この鍵は、箱の中にしまっておいて、一番端の部屋だけは開けないでください」

と男爵に頼んだ。

リッラは、まもなく死んだ。

挿し絵

4/9
数年たって、男爵は結婚して妻を迎えた。

ある日、男爵は、狩猟のため、妻に留守を頼んだ。

その際、箱の中の鍵を教え、

「一番端の部屋だけは、絶対に開けてはいけない」

と念を押した。

夫が出掛けたら、妻は、疑心暗鬼、嫉妬、好奇心の感情の炎に焼かれた。

女は、鍵を箱から取り出し、一番端の部屋を開けた。

 

5/9
すると、七重のガラスの箱の中に女の子の姿があった。

リーザは、ふつうの女の子と同様に成長していた。

不思議なことに、リーザの成長と共に、箱も大きくなっていた。

リーザは、美しく眠っていた。

男爵夫人は、

「なんて、美しい人だろう。見張っていたつもりなのに、ちゃんと、浮気しているんだから」

と感情を抑えることはできなかった。

男爵夫人は、ガラスの七つの箱をひとつずつ開けた。

そして、リーザの髪の毛をわしづかみにして、引きずり出した。

その時、髪に刺さっていたくしが抜けた。

すると、リーザは長い眠りから目を覚ました。

リーザは、

「お母さん」

と叫んだ。

夫人は、憎しみに燃えたぎった。

すぐさま、リーザの髪をばっさり切って、ぼろを着せて、顔を毎日なぐりになぐった。

リーザの目のまわりは、あざで黒ずみ、口もとは血まみれになった。

 

6/9
男爵が帰宅し、むごい仕打ちを受けたリーザを見て、

「この人は誰なのか?」

とたずねた。

夫人は、

「おばにもらった奴隷娘ですが、強情なので、こうしなきゃ仕方がないのです」

と言った。

画像01

7/9
ある日のこと、男爵は出掛ける前に、お土産に何が欲しいかと、家じゅうの者に聞いてまわった。

男爵の目が、奴隷娘に止まると、「奴隷娘まで一緒にするのか」と夫人は不満をこぼした。

男爵は「奴隷だって言ってごらん」とたずねると、リーザは、

「人形と、ナイフと、軽石が欲しいです。これをお忘れになったら、帰りに最初の川を渡れないでしょう」

と言った。

買い物をした男爵は、リーザの物だけ忘れていた。

川辺にやってくると、石や木が岸に打ちあげられて、岸壁のように立ちはだかって川を渡れなかった。

男爵は、あの娘の魔法だなと気づき、すぐに三つの品を買ってくると、無事に家に帰ることができた。

 

8/9
リーザは、台所へ行き、これまでに受けた迫害を人形に話しはじめた。

まるで、人間に話すように、泣きながら訴えた。

リーザは、軽石でナイフを研ぎ、人形に向けた。

「さあ、なにか言わなきゃ、これで刺してやるからな。そうすれば一巻の終わりだぞ」

と言った。

人形は、かすかにゆれはじめ

「はい、わかりました。聞こえました」

と答えた。

人形への話は、二日間続いた。

そこへ、男爵の耳にリーザの声が聞こえた。

男爵は、鍵穴からのぞいた。

すると、リーザと人形が見えた。

そして、話が聞こえてきた。

母がバラの木を跳び越え、花びらを食べて自分が生まれたこと、

妖精の呪いと、髪に刺さったくしのせいで自分が死んだこと、

七重のガラスの箱に入れられ部屋に置かれたこと、

母の死、

部屋の鍵は、おじがあずかっていたこと、

おばが端っこの部屋を開け、自分の髪を切って奴隷にしたこと、

おばから、ひどい仕打ちを受けたこと、

リーザが、洗いざらい人形に訴えているのを男爵は耳にした。

リーザは、軽石でナイフを研ぎ、泣きながら、

「何か言ってよ、人形ちゃん、でないと、このナイフで、わたしは死んでしまう」

そこへ、扉をけやぶり、隣の部屋から、男爵が飛び込んでリーザからナイフをひったくった。

 

9/9
男爵は、詳しく話を聞いたあと、家から連れ出し、親戚の家にあずけた。

リーザは、やせほそり、見る影もない様子だったが、数ヶ月後、女神のように美しくなって帰ってきた。

男爵は、みんなに、めいを紹介して、宴会を催し、ご馳走をふるまった。

そして、リーザにおばの残酷ないじめを打ち明けさせた。

賓客たちは、もらい泣きする人もいた。

男爵は、妻を追い出して、実家に帰らせた。

リーザには、すてきなお婿さんを選ばせてやった。

《終わり》

【超あらすじ】眠れる森の美女【原作:ペロー童話(フランス)】
【超あらすじ】太陽と月とターリア(バジーレ:ペンタメローネ)【名前の意味】

【子供/大人の読み聞かせ】Audible 無料期間におすすめの昔話・童話
66時間の昔話集やグリム童話全集(24時間)のオーディオブックが、どれか1つ無料で手に入ります。しかも、退会後も専用アプリでずっと聴き続けられるので、控えめに見ても得しかないです。この機会に、Amazonのサービス「聞く読書」Audibleをはじめちゃいましょう。

ペンタメローネ『奴隷娘』解釈・感想

眠る姫と王子

『白雪姫』『眠れる森の美女』『シンデレラ』の混交

聞いたことのある話が、混ざっていましたね。

ガラスの棺  白雪姫

妖精の予言  眠れる森の美女

お土産を買ってくる  シンデレラ

遠回しの表現

冒頭で言っていることは、遠回しなアレの表現でしょうね。

直後に、妊娠発覚しますし…。

バラの植木を跳び越えて、一枚の花びらを食べる

妖精に花びらを食べたから、妊娠したと告げられます。

「植木に触れてはいけないルール」
「他の友達は成功できなかった」

とか、意味ありげですよね。

ちなみに、『太陽と月とターリア』では、

愛の果実を摘み取る」という表現でしたね。

リーザは近親相姦の娘?

挿し絵

リッラを妊娠させた相手、ある解釈本では、父親は男爵じゃないかと言っているのもあります。

この証拠になるかは、わかりませんが、白雪姫の構造にこの話を当てはめると、見えてくるものがあります。

「白雪姫」の王様と最初の王妃が、「奴隷娘」の男爵とリッラに当てはまるんです。

白雪姫の話の流れは、

  1. 最初の妻が亡くなる
  2. 新たな妻をむかえる
  3. その継母が娘を迫害する

という流れですね。

「白雪姫」の最初の母親は亡くなってしまい、新たに迎えた王妃が、白雪姫を迫害することになります。

「白雪姫」の最初の母親は亡くなりますが、「奴隷娘」のリッラも死んでしまいます。

その後、「白雪姫」の王様は再婚しますが、「奴隷娘」の男爵もこのタイミングで結婚するんですね。

新たに迎えた結婚相手が、どちらの話も、娘を迫害するということになります。

このように、白雪姫の話を構造的な視点から見ると、王様=男爵、最初の母親=リッラという図式が見えてくるかと思います。

とすると、おのずと考えられるのは、男爵とリッラとの関係。

リーザの父親は、男爵?かもって感じですね。

それでは、今回は以上です。

ペンタメローネ「五日物語」書籍




ペンタメローネ「五日物語」DVD


タイトルとURLをコピーしました