あらすじ

【超あらすじ】太陽と月とターリア【名前の意味】(バジーレ:ペンタメローネ)

『太陽と月とターリア』(英:Sun、Moon、and Talia伊:Sole、Luna、e Talia)
は、『ペンタメローネ』最終日5日目のちょうど真ん中、5番目に披露された話になります。

また、この話は、昔話の型AT410に分類され、ペロー童話『眠れる森の美女』グリム童話『いばら姫』の類話です。

ペンタメローネ(1634-1636)太陽と月とターリア
ペロー童話(1697年)眠れる森の美女
グリム童話(1812年)いばら姫
スポンサーリンク

【超あらすじ】太陽と月とターリア

1/8
王様は、生まれた姫の名前をターリアと名付ける。

→ 国じゅうの予言者を集めて、姫の将来を占う。

→ 姫は、亜麻に混ざったトゲで危険な目に遭うと予言される。

→ 王様は、亜麻などを館の中に置くなと命じる。

2/8
姫が成長したある日のこと、ターリア姫は、糸を紡ぎながら歩いている老婆を見かける。

→ 初めて見た道具への好奇心でいっぱいになり、老婆を連れてきてもらう。

→ 自分でもやってみる。

→ 亜麻に混ざっていたトゲが、爪の下に深く刺さって倒れてしまう。

→ 老婆は、びっくり仰天し、部屋から逃げていく。

→ 悲しんだ王様は、ターリアを「刺繍で飾りたてた天蓋の下のビロードの椅子」に座らせる。

→ 扉を閉め、王様は森の真ん中のこの館に永久の別れを告げる。

挿し絵

3/8
しばらくして、鷹狩りに来たよその国の王様が、鷹を追って、森の館に入ってくる。

→ ひと気がなかったが、とうとうターリアの部屋までたどり着く。

→ 眠っていると思い、声をかけたが、返事はない。

→ そのうち、王様は、恋の炎にあおられる。

→ ターリアを寝椅子に運んで、愛の果実を摘み取ると(←※原文テキスト通り)そのまま寝かせておいた。

→ 帰路についてからは、王様はこのことは忘れてしまう。

4/8
9ヶ月後、ターリアは男女の双子を産む。

→ 二人の妖精が、双子の世話をする。

→ 子供が、乳を吸おうと思って、ターリアの指を吸うと、トゲが抜け落ちてターリアは眠りから目覚める。

5/8
ある日、王様は森の館のことを思い出して、再び狩りに出掛ける。

→ 目覚めたターリアと双子の子供を発見し喜ぶ。

→ 二人はすぐに意気投合する。

→ 双子はソーレ(太陽)とルーナ(月)と名づけられる。

→ 王様は、今度は国へ連れて帰ると約束して、一人で帰る。

6/8
帰国すると、王様は、ターリアと双子の子供の事ばかり話す。

→ 実は、王様には、王妃がいた。

→ 王妃は、狩りで留守にする王様を怪しいと思っていた。

→ 家臣を呼んで、真相を聞くと、家臣はすべて打ち明けてしまう。

→ 王妃は王様の名前を使い、王様が双子に会いたがっていることをターリアに伝えさせる。

→ ターリアは喜んで双子を送り出す。

7/8
子供を手に入れるやいなや、王妃は調理人に「喉をかき切って、細切れに切り刻んで、ソースで煮て、王様に食べさせろ」と命じる。

→ 料理人は、金のリンゴのように美しい双子を見ると、かわいそうに思って、料理人の奥さんにかくまってもらうことにする。

→ かわりに、山羊を二匹殺して料理を作る。

→ 王様は喜んで食べた。

→ 王妃は「どんどん食べてください。あなた自身のものを食べておいでなんですから」と何度も言う。

→ それをうとましく思った王様は、腹を立てて別邸へと引き上げる。

8/8
まだ不満な王妃は、今度はターリアを呼び寄せ、散々怒鳴りつける。

→ 中庭に大きなたき火をたかせて、ターリアを放り込めと命じる。

→ 服を一枚ずつ脱いで、家来たちが引きずり込もうとした時、王様が駆けつける。

→ 王妃は、双子を王様が食べてしまったことを打ち明ける。

→ 絶望に狂った王様は、王妃をたき火へ投げ込めと命令する。

→ 同じく殺して料理した料理人も放り込めと命じる。

→ しかし、料理人は、真実を自白し、料理人の奥さんが双子を連れてくる。

→ 王様は、それを目にして一転、狂喜乱舞する。

→ ターリアは王妃となって、王様と末永く幸せに暮らした。

《終わり》

 最後、駆け足で終わっていく感じで、王妃がどうなったのか、曖昧な部分もありますが、原文がこんな感じです。



ターリアの名前の意味と由来

挿し絵

結論から言うと、明確な答えはないです。

昔話研究家の間でも、はっきりしていません。

ですが、有力な説はあるので紹介します。

カリスの女神たちのタレイヤ

ターリアという名前は、ギリシア神話の女神タレイア、タリアー(Thaleia、Thalia)、と呼ばれる女神の再認識ではないかという説があります。
このタレイアには、「開花、繁栄、花ざかり」の意味があり、美と優雅の神カリスの女神たちの一人です。
スペル的には、ちょっと違うのですが…。
ターリア(Talia) ⇔ タレイア、タリアー(Thaleia、Thalia)

カリスの女神たちとは?

カリスの女神たち

『三美神』(アグライアー、エウプロシュネー、タレイア)ラファエロ・サンティ/絵

  • 水の女神エウリュノメーの娘たち
  • アプロディテの侍女など、大女神の介添え役
  • 2人か3人の姉妹として登場する
  • 語られる地方や異伝によって、メンバーに変化がある
  • カリスの女神たちを主体とする神話は見られない
このカリスの女神たちは、じつに曖昧模糊としています。

カリスの女神たちの様々な伝承

地方による伝えられ方や、本によっても違うので、タレイヤ、タリアーと2つありますが、どちらも同一の女神を指しています。

カリスの女神たちの伝承を見てみます。

ヘシオドス『神統記』では

アグライエー「輝き」
エウプロシュネー「喜悦」
タレイヤ、タリアー「花盛り、繁昌、栄え」

ホメーロス『イーリアス』では

パーシテアー「万物の女神」
カレー「美女」
エウプロシュネー「喜悦」

アテナイ地方では

アウクソー「大きくする、成長」
ヘーゲモネー「導く、女王」

これ以外にもまだまだ、カリスの女神たちは存在して、場所や本によって、女神の名前も変わってきます。

カリスの女神たちの象徴的な意味

なお、名前の意味を並べて添えてありますが、それらの意味の共通点から、カリスの女神たちは「植物の成長に関わる精霊の一種」と見る向きもあるようです。

しかし、正確なところはわかっていません。

『太陽と月とターリア』では、ターリア姫は森の真ん中に置いていかれますが、それが植物の繁茂を意味するかどうか? タレイヤは、「花ざかり、繁栄」を意味するといいます。

とはいえ、いろいろな伝承が残っているこのカリスの女神たちは、昔から広く崇拝されてきたという証拠でもありますね。

眠りの神の妻パーシテアー

寝ている女性

そして、このカリスの女神たちは名だたる神々の妻にもなっています。

アグライエーが、ヘーパイストスの妻になったりしています。ヘーパイストスはアプロディテの夫として有名ですが、こちらは天上の妻、カリスが地上の妻という異説があるようです。

さて、ここでちょっと気になる事実があります。

同じくカリスの女神たちの一人であるパーシテアーという女神の夫になるのが、眠りの神ヒュプノスだということです。(ホメーロス『イーリアス』、『パーシテアー(Wikipedia)』)

『太陽と月とターリア』と「眠り」は切り離せない主題なので、眠りの神が関係してくるのは気になるところですね。

ですが、妻になるのはパーシテアーですから、ターリアとはまったく似ても似つかないですね。

タレイヤならば、面白かったのですが…😩。

伝わっていく中で「パーシテアー」→「ターリア」に変容したか?

小人がいっぱい

ただ、前述の通り、カリスの女神たちは非常に曖昧なところがあります。

じっさい、先にアグライエーがヘーパイストスの妻になったと書きましたが、異伝ではアグライエーという個人名ではなく「カリス」となっていたりします。

ヘーパイストスの妻はアグライエーとは言わずに「カリス」と伝えられることもあるのです。

とすると、眠りの神の妻は、パーシテアーですが、「眠りの神の妻は、カリス」という言い方も、間違いない事実なので、そのように伝わった可能性はゼロではないですね。

「眠りの神の妻は、カリス」のまま、イタリアに伝わり、南のナポリまで伝わり、そして、カリスの女神たちの中にはタリアーも含まれていますから――(強引か?)。

ペンタメローネは、口伝えで伝わった物語がもとになっています。

それをバジーレが再話したものなので、どこかでナポリへ伝わる間に「カリス」パーシテアー→タレイヤ、タリアー→ターリアと転訛したしても不思議ではないでしょう。

これは、ちょっと強引すぎますかねw。

 

でも、ギリシア神話のカリスが有力ではあります。

まあ、よくわかっていないというのが結論ですね。

【あらすじ】太陽の東 月の西【野獣の意味】(ノルウェー)
【あらすじ】奴隷娘(イタリア)バジーレ:ペンタメローネ】
【超あらすじ】眠れる森の美女【原作:ペロー童話(フランス)】

【子供/大人の読み聞かせ】Audible 無料期間におすすめの昔話・童話
66時間の昔話集やグリム童話全集(24時間)のオーディオブックが、どれか1つ無料で手に入ります。しかも、退会後も専用アプリでずっと聴き続けられるので、控えめに見ても得しかないです。この機会に、Amazonのサービス「聞く読書」Audibleをはじめちゃいましょう。

ペンタメローネの概要

ジャンバティスタ・バジーレ(1573?-1632)

『ペンタメローネ』(1634-1636)全部で50話ある昔話集です。

中身は、同じくイタリアのボカッチオ『デカメロン』(1334年※異論あり)を模倣した内容になっています。

どちらも、語り手が、複数登場し、話を披露して面白さを競うという設定になっています。

まあ、今風に言うと「人志松本のすべらない話」みたいな感じですかね。

サイコロじゃないんで、ちょっと、違いますかね(;´Д`)。

デカメロンが、ギリシア語の「10日」、内容も、10日間で競うので『十日物語』

それにならって、ペンタメローネは「5日」で5日間で競うので『五日物語』になります。

どちらも、語り手は、10名登場して、1日に1人1話ずつ披露されます。

よって、1日10話がお披露目されるわけです。

それで、『デカメロン』は10日間、『ペンタメローネ』5日間行われるので、それぞれ全部で100話と50話がかたられることになります。

ですから『デカメロン』は1人が10話分、『ペンタメローネ』は1人が5話分用意していることになりますね。

なお、この2つの物語は話の数は2倍の違いがありますが、全体の長さが、大体同じになっているということです。

なので、半分の50話しかない『ペンタメローネ』は一つ一つの話が比較的ちょっと長いみたいです。

Audible「入会→聴くまでの全手順」無料体験シミュレーション

タイトルとURLをコピーしました